薬日本堂 nu有機 田七人参

日本堂オンラインショップトップページ

 

薬日本堂の「nu有機 田七人参」は、有機栽培の田七人参100%で作ったサプリメントです。

 

有効成分豊富な田七人参を丸ごと摂ることができますが、こうした場合は品質が心配ですよね。

 

薬日本堂では、厳しい品質管理の下、栽培から加工までを厳しく管理し、安心・安全なサプリメントを生産しています。

 

気になる品質管理のシステム、「nu有機 田七人参」の効能、口コミなどを紹介します。

 

 

でんしち手帖のマーク

「でんしち手帖」は、おすすめ田七人参サプリメントの紹介サイトです。

 

人気商品の効果や口コミもまとめています。少しでも、みなさまのお役に立てれば幸いです。

 

おすすめの田七人参サプリはこちら

 

 

 

 

薬日本堂 nu有機 田七人参の特徴

 

薬日本堂 nu有機 田七人参の特徴をまとめてみました。

 

形状 粒タイプ
原材料 有機田七人参(100%)
産地 中国
加工方法 国内の有機JAS認定工場で加工
サポニン量 120mg(4粒中)

 

有機田七人参を100%使用

 

サプリメントの添加物と田七人参の量

添加物やほかの栄養素が入ると、その分田七人参は少なくなってしまう

 

「薬日本堂 nu有機 田七人参」の特徴の一番の特徴は、有機田七人参100%のサプリメント、ということです。

 

田七人参のような生薬や、またはビタミンなど、粉末状のものをサプリメントにする場合は、添加物を加えて加工するのがふつうです。

 

主な添加物としては、粉末を固めるための結合剤(デンプンやセルロースなど)や、服用したあとで錠剤が胃の中ですばやく溶けるための崩壊剤などがあります。

 

セルロース

 

これらの添加物は、錠剤を使いやすくするために必要な成分なのですが、しかしこうした添加物を加えると当然、1粒あたりに含まれる有効成分の量が少なくなるというデメリットがあります。

 

また、サプリメントの添加物の成分によっては、食物アレルギーのリスクも生じてきます。

 

しかし、薬日本堂 nu有機 田七人参は、結合剤や崩壊剤のような添加物を一切使用していません。

 

添加物を使わずに粉末を錠剤加工することのできる技術を持った企業に依頼して、田七人参100%のサプリメントを製造し、提供しています。

 

田七人参の成分を効率よく摂ることができるだけでなく、添加物による食物アレルギーを心配することなくサプリメントを飲むことができます。

 

 

漢方専門店の薬日本堂がつくったサプリメント

 

 

nu有機 田七人参は、栽培から加工までをていねいに管理

工場

 

田七人参は中国原産の植物ですが、品質管理が心配、という声を時々耳にします。

 

薬日本堂 nu有機 田七人参は、栽培地の土壌の管理から、サプリメントの製造までを自社でていねいに管理されています。

 

有機田七人参の品質管理

 

農薬だけでなく、除草剤や消毒剤も使用せず、徹底した有機、無農薬栽培を行っています。

 

さらに、収穫した田七人参は国内の工場に運ばれ、有機JAS認定工場で、サプリメントに加工されています。

 

有機認証基準と有機JAS認定工場

有機JAS認証基準と有機JAS認定工場

 

薬日本堂は、日本の有機認定基準をもとにした田七人参の栽培、さらに国内の有機JAS認定工場でサプリメントなどの加工を行っています。

 

有機JAS制度は、JAS規格を設定し、規格に基づいて生産された農作物、加工食品だけに、「有機」や「オーガニック」の表示が許可されるというものです。

 

有機認定基準の条件

 

  • 堆肥などで土作りを行う。
  • 水耕栽培などではなく、土壌を用いた栽培を基本とする。
  • 環境へのダメージをできる限り抑えた生産方法であること。
  • 種まき、または植え付けの前2年(多年生の場合は3年)以上は、禁止された農薬や化学肥料を使用しない
  • 遺伝子組換え技術を使用しない

 

有機JAS認定工場の条件

 

  • 物理的または生物の機能を利用した加工方法を用いる。
  • 化学的に合成された食品添加物や、薬剤を使用しない。
  • 原材料は、水と食塩を除いて、95%以上が有機農産物、有機畜産物、有機加工食品であること。
  • 遺伝子組換え技術を使用しない。

 

薬日本堂 nu有機 田七人参の値段は?

値段は

 

薬日本堂 nu有機 田七人参の通常購入の値段です。

 

120粒入りと、240粒入りの、2種類のサイズを選ぶことができます。

 

内容量 値段
120粒(パウチ入り) 6,480円
240粒(ビン入り) 10,800円

 

単品購入のほか、セット購入もできます。

 

3個以上まとめて購入する場合は割引価格になります。

 

割引率 個数 / 値段

3〜5個……5%OFF
(1個あたり10,260円)

3個 / 30,780円
4個 / 41,040円
5個 / 51,300円

6〜11個……10%OFF
(1個あたり9,720円)

 

 

 

 

 

6個 / 58,320円
7個 / 68,040円
8個 / 77,760円
9個 / 87,480円
10個 / 97,200円
11個 / 10,6920円

12個以上……15%OFF
(1個あたり9,180円)

12個 / 110,160円

 

 

nu有機 田七人参購入時の送料・お支払い方法について

 

nu有機 田七人参を購入する際の送料やお支払いについてご紹介します。

 

お支払い方法

 

 

 

 

クレジットカード

代金引換(手数料は全国一律324円、10,800円(税込)以上で無料)

銀行振り込み

後払い決済サービス(手数料は324円)

楽天ペイ

送料

全国一律 540円(税込)
10,800円以上(税込)お買い上げで送料無料

 

 

薬日本堂 nu有機 田七人参の効果

未病

 

薬日本堂によると、nu有機 田七人参は、特定の症状を緩和する、治癒させるというよりは、漠然とした体調不良を改善するというのが、効果です。

 

「どこか体調がすっきりしない」
「何となくがんばりがきかない」
「手足が冷える」
「食が細くなった」

 

上記にように、はっきりと病気とまではいえないものの、体の不調を感じる、そんなことって、ありますよね。

 

こうした、病気ではないけれど決して健康ではないコンディションを、東洋医学では「未病」といいます。

 

nu有機 田七人参は、この未病のコンディションを改善し、体調を全体的に整えて健康に導く効果が期待できます。

 

田七人参は、病気の手前の状態である「未病」をケアする

 

田七人参と未病

薬日本堂 nu有機 田七人参の飲み方・飲み合わせ

 

nu有機 田七人参の飲み方

コップいっぱいの水で飲む

 

nu有機 田七人参は、基本的には1日4粒を目安に、コップ1杯程度の水や白湯で飲みます。

 

できれば、2回以上に分けて飲むのがおすすめです。

 

1日の量は、4粒〜8粒まで増やしてかまいません。

 

nu有機 田七人参は、医薬品ではなくサプリメントなので、その日ごとに自由に増やしたり減らしたりして大丈夫です。

 

体調やコンディション、その日の予定などに合わせて調節してください。

 

nu有機 田七人参を飲むときの注意点

発熱のある女性

 

  • 通院・入院中の方、妊娠中の方は……使用前に医師に確認してください。
  • 体質や体調によって田七人参が合わない方……使用を控えてください。
  • 発熱している方……使用を控えてください。
  • 一緒に摂らないほうがいいもの……冷たいもの、生野菜など、体を冷やすもの

 

「発熱しているときは使用を控える」、「体を冷やす食品と一緒に摂らない」というのは、薬日本堂で指示しているわけではありません。

 

ただ、田七人参のように体を温める作用のある生薬を摂る場合は一般に、避けたほうがよいとされています。

 

 

薬日本堂 nu有機 田七人参の口コミ

 

薬日本堂 nu有機 田七人参の口コミは、どのようなものでしょうか。

 

 

nu有機 田七人参の長所は?

いい口コミ

  • 疲れがたまりづらくなりました。田七人参が後押ししてくれる感じ。
  • 少し寒くなると手足が冷えてつらかったのですが、飲みはじめたら少し楽になったような気がします。
  • 肌の調子がよくなりました。美容系のサプリよりも、こちらのほうが美肌効果が高いです。
  • 朝の目覚めがよくなりました。疲れていてもスムーズに起きれるのはうれしい!
  • お通じがよくなりました。いろいろな薬やサプリメントでもだめだったんですが、初めて効きました。
  • 風邪をひきづらくなったと思います。夫にも試してみようかな。

 

nu有機 田七人参の短所は?

悪い口コミ

  • 添加物を使っていないので仕方ないのですが、錠剤が崩れやすいです。飲むときは注意が必要。
  • 体に合いませんでした。
  • 好転反応がでます。わかっていてもちょっと心配になりますね。
  • 血糖値を改善したかったのですが、変化なし。その代わり、冷え性に効果がありました。求めている効果が得られないこともあるみたいですね。

 

 

 

この記事で紹介した
薬日本堂「nu有機 田七人参」の公式サイトはこちら。

 

累計400,000袋突破!? 売れている田七人参
白井田七の記事はこちら。