ライオン 田七人参習慣

LION田七人参習慣トップページ

 

ライオン 田七人参習慣は、血糖値の調整効果にターゲットを絞ってデザインされたサプリメントです。

 

田七人参だけでなく、血糖値に効果のある成分がブレンドされているのが特徴です。

 

中でも注目は、ライオンが独自製法で田七人参から抽出した有効成分、パナキサトリオールです。

 

各有効成分の効果、そしてパナキサトリオールが血糖値を下げる仕組みも解説します。

 

 

 

でんしち手帖のマーク

「でんしち手帖」は、おすすめ田七人参サプリメントの紹介サイトです。

 

人気商品の効果や口コミもまとめています。少しでも、みなさまのお役に立てれば幸いです。

 

おすすめの田七人参サプリはこちら

 

 

 

 

ライオン 田七人参習慣の特徴

 

ライオン 田七人参習慣の特徴をまとめてみました。

 

 

形状

粒タイプ

原材料

田七人参加工粉末
デキストリン
マルチトール
ヒハツエキス
結晶セルロース
ステアリン酸Ca
ビタミンB1

田七人参の産地

中国雲南省
(現地と日本で残留農薬試験を二度行っている)

田七人参含有量

180mg(2粒中)

内容量

60粒(30日分)

その他

定期コースあり

 

高濃度化したパナキサトリオールを配合

高濃度パナキサトリオール

 

「田七人参習慣」は、パナキサトリオールに特化したサプリメントです。

 

パナキサトリオールは、田七人参に含まれる有効成分、サポニンの一種で、血糖値を正常に整える効果があります。

 

しかし、田七人参に含まれるパナキサトリオールの量はごくわずかであるため、血糖値を気にして田七人参を摂っても、効果が実感できない、という弱みがありました。

 

ライオンでは独自製法を開発し、田七人参からパナキサトリオールを抽出して高濃度に濃縮し、サプリメントに添加しました。

 

パナキサトリオールの効能

 

筋肉が取り込む糖の量を増やす

高濃度パナキサトリオールの効果

 

血糖値を下げるには、血液中の糖を燃焼させて消費させることが大切です。

 

糖をもっとも多く消費するのは筋肉ですから、血糖値対策には運動が必須なのです。

 

しかし、高血糖の方は、筋肉が糖を取り込む力が低下していることが多く、運動量を増やしても血糖値が思うように下がらない、というケースも少なくありません。

 

パナキサトリオールは筋肉が血液から糖を取り込むのをサポートし、スムーズに糖を消費させます。

 

 

空腹時の血糖値を抑える

 

パナキサトリオールは、筋肉が糖を取り込む経路を活性化させる

パナキサトリオールの役割

 

血液中の糖は、特定の経路(P13キナーゼ / Aktシグナル経路)を介して、筋肉に取り込まれますが、これは通常、インスリンによって調整されています。

 

食事によって血糖値が上昇すると、すい臓からインスリンが分泌されます。

 

インスリンには糖の取り込み経路を活性化する機能があり、それによって、糖の取り込みが促進され、消費が行われます。

 

パナキサトリオールには、インスリンと同じように、糖の取り込み経路を活性化させる機能があります。

 

しかも、インスリンよりも優れているのは、血糖値に関係なく糖の消費を活性化させてくれる点です。

 

インスリンは血糖値の上昇に対応して働くため、基本的には食後の血糖値調節にしか働きませんが、パナキサトリオールは食後だけでなく、空腹時の血糖値も下げてくれるのがメリットです。

 

 

田七人参以外の成分について

 

ライオン 田七人参習慣が含む、田七人参以外の成分についてご紹介します。

 

成分 効能その他
デキストリン 食物繊維。糖の吸収を穏やかにして、急激な血糖値上昇を抑える
マルチトール 人工甘味料。腸で吸収されづらく、血糖値を上げづらい
ヒハツエキス ヒハツは「沖縄コショウ」とも呼ばれる。ヒハツに含まれるピペリンが血管を拡張させて血流を促し、代謝を高める
結晶セルロース セルロースは糖質の一種で、粉末の凝固剤としても使われる。糖質だが体に吸収されず、さらにコレステロールを吸着して排出させる効果もある
ステアリン酸カルシウム 不飽和脂肪酸とカルシウムの混合物。安定剤として使われる
ビタミンB1 糖質の代謝をサポートする

 

 

ライオン 田七人参習慣の値段は?

田七人参習慣の値段

 

ライオン 田七人参習慣の、一袋(60粒、1ヵ月分)の値段です。

 

コース 値段
通常お届けコース(1回のみ購入) 5,162円+税(通常価格、送料無料)
定期お届けコース(毎月) 4,648円+税(通常価格より10%割引、送料無料)

 

お支払い方法

 

ライオン 田七人参習慣を購入するときの支払い方法を紹介します。

 

代金引換

代引き

 

代金引換の場合、現金、クレジットカード、電子マネーで支払いをすることができます。 代引手数料は無料です。

 

後払い

コンビニ払い

 

後払いにする場合、商品到着後、商品に同封の払込取扱票で代金を振り込みます。

 

コンビニ、郵便振替、銀行振込が利用できます。

 

支払いには期限があります。

 

払込取扱票に記載された期日をチェックしてください。

 

1回の注文の金額上限は50,000円です。

 

クレジットカード

クレジットカード

 

クレジットカードでの購入の際は、購入者本人または家族名義のカードが使用できます。 

 

支払いは一括払いのみです。

 

PayPal

PayPal支払い

 

PayPalの利用には、PayPalアカウントが必要です。

 

定期お届けコースについて

定期購入

 

定期お届けコースで申し込むと、毎月、決まった日に田七人参習慣の商品が配送されます。

 

毎回購入手続きをする手間が省け、購入を忘れることがないというメリットがあります。

 

  • 定期お届けコースは、3回以上継続して利用することが手条件になります。
  • お届け日は「日付指定」、または「曜日指定」を設定することができます。
  • お届け予定日の3日前に手続きを行えば、お届けを一時休止することができます(休止は1〜3回まで)。
  • 解約の場合は、お届け予定日の5日前までに手続きが必要です。

 

 

ライオン 田七人参習慣の効果

スウィーツ

 

田七人参習慣は、「血糖値が高い」、「血糖値が安定しない」、「甘いものや炭水化物が好き」など、血糖値が気になる方をターゲットにしたサプリメントです。

 

田七人参の有効成分の中で、特に血糖値の正常化に効果のあるパナキサトリオールが高濃度で配合されており、そのほかビタミンB1、ヒハツエキスなど、血糖値に関係した成分が加えられていることからもわかります。

 

糖の吸収を抑制し、同時に糖の代謝を高めて、トータルケアで血糖値を正常な状態に導きます。

 

 

ライオン 田七人参習慣の飲み方・飲み合わせ

 

田七人参習慣の飲み方

飲み方

 

田七人参習慣は、1日2粒を水やぬるま湯で飲みます。 

 

2粒いっぺんに飲むよりは、1粒ずつ分けて飲んだほうが効果が持続します。

 

前述のように、有効成分パナキサトリオールは、食後だけでなく空腹時の血糖値も下げる効果がありますから、食膳や食後など、飲むタイミングはあまり気にしなくてもよいでしょう。

 

 

田七人参習慣を飲まないほうがよいケースは?

 

田七人参習慣を飲まないほうがよい場合があります。

 

以下のとおりです。

 

  • 食物アレルギーの方は服用を避ける。
  • 薬を服用または通院中の方は医師に相談する。
  • 妊娠および授乳中の方は、服用を避ける。
  • 体質に合わない場合は服用しない。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管する。

 

食物アレルギーについては、田七人参ではなく、「ヒハツエキス」のコショウ成分が何らかの症状を引き起こすリスクがあるためです。

 

 

田七人参習慣の飲み合わせや注意点について

その他のサプリメント

 

田七人参習慣を飲む際に、他のサプリメントなどとの飲み合わせは可能でしょうか。

 

田七人参や有効成分のパナキサトリオールについては、基本的に副作用はないとされています。

 

また、飲み合わせに注意する食品や成分も特にありません。

 

ただし、田七人参以外の原材料の中には、注意が必要なものがあります。

 

マルチトール

 

上で解説したように、マルチトール自体は体に吸収されづらい性質があります。

 

しかし最近の研究で、こうした人工甘味料も、血糖値を上げるリスクがゼロではないことがわかってきました。

 

それは、体が甘い味を感知すると、脳が、糖を摂取したと勘違いしてしまうためです。

 

脳はすい臓に信号を送り、血糖値を下げるホルモンのインスリンを分泌させますが、しかし実際には、体内には充分な糖はありません。

 

糖が少ない状態でインスリンが分泌されると、体は低血糖になってしまいます。

 

それを防ぐため、体は肝臓で大量の糖を作り出し、血液中に送り出します。

 

その結果、糖を摂っていないはずなのに、血糖値が上がってしまうのです。

 

田七人参生活を飲んだあとで血糖値が急に上がった、という方は、体内でこうした現象が起きている可能性があります。

 

体が甘みを感じるだけで血糖値が上がることもある

 

マルチトールの血糖値上昇リスク

 

ヒハツエキス

医薬品との飲み合わせは注意

 

ヒハツの有効成分は、コショウ成分のピペリンです。

 

上で述べたように、ピペリンには、血流を促進させ、代謝を高める機能があるのですが、副作用として、医薬品と一緒に摂取した場合は、医薬品の効果を必要以上に高めてしまう、という性質があります。

 

つまり、決められた量以上の薬を飲んだのと同じ強さの作用が起きるわけですから、薬によってはリスクがあります。

 

さらに、ピペリンと医薬品を一緒に飲んで、副作用が出てしまった場合は、副作用も強めてしまう、という困った性質もあるのです。

 

副作用が強く出た上に、副作用が治まるまでにかなり時間がかかった、という報告もあり、注意が必要です。

 

医薬品と飲み合わせないことはもちろんですが、サプリメントの中にも化学薬品を使用しているものがありますから、一緒に飲む場合は成分の確認を必ず行うか、そもそも飲み合わせを行わないことをおすすめします。

 

ライオン 田七人参習慣の口コミ

 

ライオンの田七人参習慣を実際に利用した方の口コミはどのようなものでしょうか。

 

良い口コミと悪い口コミともに紹介します。

 

 

田七人参習慣の良い口コミ

良い口コミ

  • 高めだった血圧が下がり、しかも低く安定しています。次の健康診断まで続けます。
  • 痛風に効いているようです。飲みはじめてまだ2ヵ月くらいですが、痛みが出ていません。
  • 体が温まりやすくなりました。冷え性がよくなっているようです。それと一緒に生理痛も軽くなりました。
  • 飲む数が多いと、面倒で続かないです。1日2粒というのは楽でいい。
  • 飲みはじめてから、何となく汗をかきやすくなったような……? 代謝が上がっているのかも?

 

 

田七人参習慣の良くない口コミ

悪い口コミ

  • 1〜2週間くらい飲んでみましたが、効果がありませんでした。

 

良くない口コミでは、「飲んだけど効果がわかりづらかった」というものが目立ちましたが、1週間や2週間飲んだ上での感想であることが多かったです。

 

健康食品はある程度、継続して飲んでみないと、効果がわかりづらいことがあります。

 

とりあえず、3ヵ月を目安にして飲んでみることをおすすめします。

 

良い口コミのほうは、「血糖値が下がった」というものももちろん多かったです。

 

上で紹介したように、血圧の安定や冷え性の改善など、血糖値以外の効果についての口コミも、同様に多かったです。

 

血流

 

確かに、血糖値の低下には、血流の改善や基礎代謝の向上が関係しています。

 

さらに血流が改善されると、冷え性や血圧のトラブルも改善されることになります。

 

田七人参習慣は、血糖値にターゲットを絞ったサプリメントですが、実際には、血糖値以外の健康効果もあるようですね。

 

この記事で紹介した
ライオン「田七人参習慣」の公式サイトはこちら。

 

累計400,000袋突破!? 売れている田七人参
白井田七の記事はこちら。