田七人参のサプリメントをamazon、楽天で買うなら

 

ネットショピングのイメージ

 

田七人参のサプリメントを購入したくても、近所のドラッグストアでは思うように選べないこともあります。

 

そんなときはネットショップで購入できたら便利ですよね。

 

最大手のネットショップ、amazonと楽天市場では、どんな田七人参サプリメントを扱っているのでしょうか?

 

ユーザーに人気のサプリメントの特徴や値段をまとめました。

 

 

 

でんしち手帖のマーク

「でんしち手帖」は、おすすめ田七人参サプリメントの紹介サイトです。

 

人気商品の効果や口コミもまとめています。少しでも、みなさまのお役に立てれば幸いです。

 

おすすめの田七人参サプリはこちら

 

 

 

 

 

amazonで買える田七人参サプリメント

 

ネットショピングのイメージ

 

amazonでは、さまざまな種類の田七人参サプリメントを取り扱っています。

 

まずは人気ランキングを見てみましよう。

 

レビューの数の多さや、評価の高さを総合して1位から8位までランク付けしてみました。

 

1位 有機JAS 有機 田七人参ピュアタブレット (協和食研)
2位 湧永田七分包 (湧永製薬)
3位 純・田七人参 (リプサ)
4位 白井田七 (さくらの森)
5位 雲南田七 (ジャパンアルジェ)
6位 田七人参DX (ユウキ製薬)
7位 田七 (カクダイ)
8位 白井田七。茶 (さくらの森)

 

この中から、上位5つをピックアップして、特徴や値段について解説します。

 

白井田七と、白井田七。茶についてはこのサイト内で解説していますので省略します。

 

 

有機JAS 有機 田七人参ピュアタブレット(協和食研)

 

有機JAS 有機 田七人参ピュアタブレット(協和食研)

 

有機JAS 有機 田七人参ピュアタブレット(協和食研)は、農薬、化学肥料を使わない、有機栽培の田七人参だけを原料にした粒状サプリメント

 

収穫された田七人参はビニールハウスの中で乾燥されます。

 

こうすることで天候の影響を受けず、乾燥むらを防ぐことができます。

 

乾燥した人参は日本に輸入し、国内の工場でサプリメントに加工しています。

 

協和食研では、同じく有機田七人参を使った「ピュアパウダー」も販売しており、こちらもamazonユーザーに好評です。

 

 

  原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
有機田七人参ピュアタブレット 中国雲南省 / 日本 900粒 / 4,100円 1日10〜30粒を水かぬるま湯で飲む
有機田七人参ピュアパウダー 中国雲南省 / 日本 100g / 3,800円 1日1〜3gを水かぬるま湯で飲む

 

ユーザーの口コミ

 

  • 体が温まりやすくなりました。血行がよくなっている気がします。
  • 疲れづらくなったし、胃腸の調子も良いようです。
  • 効いているのかもしれませんが、何に効いているのかわかりません。

 

 

湧永田七分包(湧永製薬)

 

湧永田七分包(湧永製薬)

 

湧永製薬は1981年から、雲南省の昆明植物研究所、広島大学と共同で田七人参の研究を続けています。

 

湧永田七分包(湧永製薬)は、パウダータイプのサプリメントですが1包(1.25g)ずつのスティックに分包されており、持ち運びにも飲むのにも、使いやすくなっています。

 

1包あたりの田七人参末量は、1,000mgです。

 

なお、妊娠・授乳期の方やお子様は、使用を避けてください。

 

 

 

原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
中国 / 日本 60包 / 5,099円 1日に1〜3包を目安に水などで飲む

 

ユーザーの口コミ
  • 筋肉痛や腰痛の際に、重宝しています。
  • 疲労回復効果はいまひとつかな、という感じですが、免疫力が高まったのか風邪を引かなくなりました。
  • 薬局でも買えますが、amazonだとかなり安く買えます。ありがたいです。

 

いくつかの要素を見比べて選ぼう

田七人参の選び方

 

 

純・田七人参(リプサ)

 

純・田七人参(リプサ)

 

純・田七人参(リプサ)は、6年根の田七人参を100%使用したサプリメントです。

 

田七人参は植え付けから収穫できるようになるまで3年かかりますが、3年ものだと有効成分がそれほど多くなく、健康効果があるのは6年以上経ってからといわれています。

 

純・田七人参は、その6年根を粉末にし、そのままカプセルに詰めたサプリメントです。

 

サプリメントの加工はすべて、メーカーのリプサの自社工場で行っており、安心感があります。

 

カプセルはゼラチン製になっているため、ゼラチンアレルギーの方は注意してください。

 

 

原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
中国雲南省 / 日本(リプサ工場) 90粒 / 1,500円

1日3〜4粒を水かぬるま湯で飲む
(3粒あたり、田七人参末990mg・サポニン40mg)

 

ユーザーの口コミ

 

  • 更年期障害のだるさや動悸などが軽くなったように感じます。
  • 膝痛が軽くなりました。本当は血糖値対策でしたが、こちらはまだ微妙です。
  • 1ヵ月1,500円は、コスパが良いと思います。高いと続けられないし、やっぱりお値段が優先です。
  • 残留農薬の検査結果などが表示されているといいのですが。田七人参は中国産なので気になります。

 

 

雲南田七(ジャパンアルジェ)

 

雲南田七(ジャパンアルジェ)

 

雲南田七(ジャパンアルジェ)は、粒状サプリメント。

 

原料には、雲南省の薬品検査所が「一級田七」と認定したもののみを使用しています。

 

有効成分のジンセノサイド(サポニンの一種)が100g中、約10g(10%)含まれています。

 

ちなみに、amazonでは取り扱っていないようですが、ジャパンアルジェは粒状のほかにカプセルタイプのサプリメント「雲南田七」も販売しています。

 

こちらはジンセノサイドの含有率は同じですが、天然有機ゲルマニウムを多く含んだ人参を原料に使用しており、特に肝機能の改善が期待できます。

 

 

  原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
雲南田七・粒タイプ 中国雲南省 / 不明 350粒 / 2,960円 1日10粒を水かぬるま湯で飲む
雲南田七・カプセルタイプ 中国雲南省 / 不明 140球 / (6,800円) 1日3〜5球を水かぬるま湯で飲む

 

ユーザーの口コミ

 

  • 代謝が上がっているのか体が以前と比べると温かく、汗もよくかくようになりました。
  • 健康診断で血糖値が下がっていました。ほかに何もやっていないので、「雲南田七」の効果だと思います。
  • 2ヵ月ほど飲みました。よくわかりませんが効いていないような……? 微妙ですね。

 

 

田七人参DX(ユウキ製薬)

 

田七人参DX(ユウキ製薬)

 

田七人参DX(ユウキ製薬)は、田七人参に舞茸菌糸体を配合したサプリメントです。

 

舞茸菌糸体は免疫活性作用を持つとされており、人臨床予備試験では、乳がん、肝がん、肺がんに関して、がん細胞の増殖を抑える効果が報告されています。

 

また、同じく人臨床予備試験において、肝炎、エイズなどにも効果が認められています

 

メーカーのユウキ製薬は、アガリスクやメシマコブなど、きのこの加工食品を多く開発しており、田七人参と得意分野を融合させたサプリメントといえそうです。

 

サプリメントの加工は国内の指定工場で行い、品質を管理しています。

 

 

原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
中国 / 日本(指定工場) 360粒 / 2,870円

1日12粒を目安に飲む
(12粒中、田七人参(原植物換算)1,980mg、舞茸菌糸体300mg)

 

ユーザーの口コミ

 

  • 血糖値が下がっていました。舞茸にも血糖値を下げる効果があるらしいので、田七人参との相乗効果かな?
  • 効いている気もしますが、飲むとおなかが少しゆるくなります……。

 

 

 

田七人参にも舞茸菌糸体にも免疫向上機能があるため、相乗効果も期待できる

 

田七人参DX

 

 

楽天市場で買える田七人参サプリメント

 

楽天市場で取り扱っている田七人参サプリメントにも、レビュー数の多さを基準にした、人気ランキングをつけてみました。

 

1位 白井田七 (さくらの森)
2位 オーガニック田七人参末 (京のくすり屋)
3位 田七人参 (ギャバ太郎ショップ、日本健食株式会社)
4位 有機田七人参 (日本安惠株式会社)
5位 粉末 田七人参 (健草館)
6位 田七杜仲精((株)協通事業)
7位 田七人参の力 (太陽食品)
8位 田七人参 粉末 (健康生活研究所)

 

 

 

楽天では白井田七が、取り扱いショップもレビューの数も格段に多く、売り上げのかなりの割合を占めています。

 

白井田七以外のサプリメントの中から、上位5商品について、特徴や価格、飲み方などを紹介します。

 

 

オーガニック田七人参末(京のくすり屋)

 

オーガニック田七人参末(京のくすり屋)

 

オーガニック田七人参末(京のくすり屋)は、有機・無農薬にこだわって栽培された田七人参100%の、田七人参サプリメントです。

 

原料の田七人参は、田七人参の自生地である、中国の雲南省で栽培されています。

 

周囲からの農薬の飛散を避けるために、栽培地は高地に作られており、栽培は日本の有機栽培の規格に沿って行われます。

 

さらに、地元の雲南農業大学と、栽培のための土壌管理、栽培方法などについて共同で研究を行っています。

 

 

 

  原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
田七人参末(100g) 中国雲南省文山県 / 日本 100g / 4,600円 1日3〜10g
田七人参末(500g) 中国雲南省文山県 / 日本 500g / 21,000円 1日3〜10g

 

 

苦味が強く、田七人参特有の香りもありますので、野菜ジュースやバナナジュースにまぜたり、オブラートに包んで飲むのがおすすめです。

 

付属のスプーンは、すりきり1杯が3gになっています。

 

 

ユーザーの口コミ

 

  • わたしには、粒タイプよりも粉末のほうがよく効くような気がします。
  • 生理不順をはじめ、婦人系の不調を抱えています。飲んで4ヵ月くらいですが、生理時の出血過多が少なくなりました。
  • 血糖値、肝機能に効くことは効いていましたが、じつは目の疲れにも効きますね。 
  • 粉が細かいのでむせやすいです。ゼリーとか、とろみのあるものに混ぜるのがおすすめ。

 

 

 

田七人参(ギャバ太郎ショップ、日本健食株式会社)

 

ギャバ太郎ショップのトップページ

 

 

ギャバ太郎ショップの田七人参の原料は、田七人参のふるさと、中国雲南省文山県で収穫された田七人参を使用、サプリメントの加工は日本国内の工場で行っています。

 

粒状サプリメントですが、粉末を固めるための賦形剤を極力使わず、1粒あたり、田七人参が97%という高い含有率を誇ります。

 

1粒中に含まれる田七人参の量は、582mgになります。

 

 

 

原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
中国雲南省文山県 / 日本

60粒(1ヵ月分) / 1,600円
180粒(3ヵ月分) / 3,600円
360粒(6ヵ月分) / 6,620円
540粒(9ヵ月分) / 9,340円 

1日2粒を目安に水またはぬるま湯で飲む

 

ユーザーの口コミ

 

  • 痛風の痛みが軽くなりました。尿酸値も少し下がったのでうれしいです。様子を見ながら続けてみます。
  • 忙しい時期でも疲労がたまりづらくなりました。飲んでから寝ると体が温まりやすく、疲れが取れる気がします。
  • コスパの良さが魅力。田七100%で1ヵ月分が1,600円というのは、あまりないと思います。

 

 

有機田七人参(日本安惠株式会社)

 

有機田七人参(日本安惠株式会社)

 

日本安惠株式会社の田七人参サプリメント(有機田七人参)の特徴は、田七人参を低分子化し、吸収率を高めているという点です。

 

酵素分解の技術で極小の微粒子にまで粉砕し、かつ、微粒子のサイズを1粒1粒そろえてカプセルに詰めたサプリメントです。

 

この加工によって、通常の田七人参末よりも、約6倍の吸収率を実現しました。

 

原料になる田七人参は、中国雲南省で3年以上、有機・無農薬の環境で栽培されたものだけを使用し、かつ、サプリメントに加工する際は、添加物などは一切使用しません

 

有効成分のサポニン含有率は全体の12%。 このサプリメントはサポニンをはじめとする有効成分を効率よく摂ることができます。

 

低分子化で吸収率up

 

 

 

原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
中国雲南省 / 中国(国際規格をクリアした工場で加工)

1箱(72粒) / 5,200円
2箱 / 8,320円
3箱 / 11,700円
6箱 / 21,840円

1日4粒〜を目安に水などで飲む
食事の前に分けてとるのがおすすめ

 

ユーザーの口コミ

 

  • 血糖値が下がりました。飲んですぐに効果が出たので、体質に合っているのかも?
  • 更年期の体調不良がいろいろありました。飲みはじめて半年強ですが、改善されてきたような気がします。
  • ここに効いた、というはっきりした効果ではありませんが、全体に調子がいいです。一度やめたら体調を崩してしまったので、やっぱり効いているんだと思います。

 

 

 

粉末 田七人参(健草館)

 

粉末 田七人参(健草館)

 

健草館は、どくだみ茶をはじめとする健康茶、ハーブ、自然食品を販売しているメーカーです。

 

粉末 田七人参(健草館)は、漢方薬メーカーが厳選した田七人参を使い、粉末タイプに加工されたサプリメントです。

 

粉末タイプは吸収がよく、粒タイプよりも割安に購入することができるというメリットがあります。

 

 

 

原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
中国 / 不明 150g / 5,000円

1日6gを目安に飲む
(計量スプーン付属)

 

ユーザーの口コミ

 

  • 胃腸の不調によく効きます。
  • ちょっと飲みづらいです。そのままだとむせやすいし、お湯にも混じりづらいですね。
  • 痔の出血があったので、ためしに購入。ありがたいことにほとんど出血が止まりました。
  • 生理の過出血の対策に飲んでいます。飲んでいると体調はいい感じ。続けます。

 

 

田七杜仲精((株)協通事業)

 

田七杜仲精((株)協通事業)

 

生薬は1つの種類だけを飲むよりも、いくつかの生薬を組み合わせたほうが、相乗効果でより良い効果が得られるといいます。

 

田七杜仲精は、そうした東洋医学の考えを取り入りてデザインされたサプリメント。

 

田七人参に、杜仲茶の葉や実をくわえて、錠剤に加工してあります

 

効果としては、特に体内のろ過機能を強化することに重点をおいています。

 

肝臓、腎臓をケアし、また機能を改善することによって、体全体のコンディションを整えます。

 

お酒をよく飲む方、生理不順、肥満、循環器に不安のある方などにおすすめです。ペットの健康管理にも使えます。

 

 

 

原産国 / 最終加工地 内容量 / 価格 飲み方
中国 / 不明 240粒 / 6,000円 1日に4〜8粒を目安に水かぬるま湯で飲む

 

ユーザーの口コミ

 

  • 肝臓の数値がよくなった。体感ですが、肝臓の調子も悪くないように思います。
  • 立ち仕事で慢性化していた足のむくみが取れてきました。
  • ダイエットサプリよりも田七人参のほうがやせます。おなか周りの脂肪が少なくなってきました。
  • 健康診断の数値を改善したくて購入しましたが、効き目なし。安くもないので見切りをつけます。

 

 

 

以上amazon、楽天で買える人気サプリメントの紹介でした。

 

気になる商品があったら、是非チェックしてみてくださいね。

 

 

累計400,000袋突破!? 売れている田七人参
白井田七の記事はこちら。